乳首黒ずみクリームランキング | 原因と治し方

ヘッダー背景 ヘッダー文字

乳首の黒ずみ解消に甘いハチミツが効果あり?その理由や方法を大公開!

2017.11.08

乳首の黒ずみは、女性の悩みの一種で、男性に見られて気になるところでもあります。
どうせならきれいなピンク色の乳首になりたいですよね?

でもハイドロキノンやトレチノインは使いたくない、レーザーやピーリングは高くて手が出せない…
そこでおすすめな自然療法が「ハチミツ」を使った黒ずみケア方法です。

美容にも健康にもいいあの甘いハチミツが、本当に黒ずみに効果があるのでしょうか?
今回はその真相に迫っていきます。

乳首の黒ずみ=ハチミツ?なぜ?

はちみつ

なぜ乳首の黒ずみにハチミツが効果があると言われているのでしょうか?
その理由はハチミツの成分や働きに秘密があります。

①保湿効果

ハチミツの最大の効果は保湿です。
ハチミツは、約20%が水で残りの80%は蜜で出来ていて、ハチミツを肌に塗ると、ハチミツが肌に膜を張っているような役割があり、肌の水分が蒸発するのを防いで保湿してくれます。

またハチミツは空気中の酸素を取り込むので、保湿する働きをしくれます。
乾燥は肌のターンオーバー乱れを引き起こし、黒ずみの原因になります。
肌のターンオーバーを機能まずは元に戻すことが大切です。

②ビタミンC

皆さんも知っているかと思いますが、ハチミツにはビタミンCが含まれています。
ビタミンCには肌をふっくらさせ、皮脂を抑制する効果があります。
さらに黒ずみ予防にもなる成分です。

③殺菌・抗菌作用

ハチミツには、グルコースオキシダーゼという酵素が含まれていて、この酵素は過酸化水素という物質を作り出します。
この出来上がった過酸化水素水には殺菌・抗菌作用があることが割っています。

さらに過酸化水素には、ポリフェノールも含まれているので、体の酸化を防ぐ、抗酸化作用にも優れています。
よく喉が痛いときにハチミツの飴をなめたり、ハチミツを舐めたりすると、すこし喉が改善するかと思います。

これはこのハチミツに含まれる殺菌・抗菌作用のことを言っています。

このハチミツの保湿作用で乾燥を防ぎ、さらにビタミンCで肌を柔らかくして、抗酸化作用で体の酸化を防いでくれるので、ターンオーバー機能が促進され黒ずみが解消されるという仕組みです。

ハチミツパックを実際にやってみよう!方法とは?

はちみつ

ではスタンダードなハチミツパックの方法を紹介します。
本当にとっても簡単です。

1.ハチミツを適量指にとり、乳首に塗る
2.5分~10分ほど放置してぬるま湯で洗いながす

この2ステップで完了です!
あっという間ですよね。

保湿効果もあるので、洗い流したあとの保湿ケアも不要!気になる場合は少し、保湿ケアクリームなどを塗りましょう。

普段私たちが食べているものなので、肌につけても肌荒れしません!

ハチミツにプラスして使うと黒ずみ解消に効果のある食品!

食品
実はハチミツパックにプラスするとさらに効果が期待できる食品があります。
ここでは2つの食品を紹介していきます!
2つともスーパーで気軽に手に入れらるものです。

その1:ヨーグルト

ハチミツとヨーグルトのパックは叶姉妹が実践していたことでも有名な方法です。
ヨーグルトには「乳酸」や「フルーツ酸」が含まれていて、角質を柔らかくしてターンオーバー機能を促進させる効果があります。
メラニンを排出してくれる効果があり、乳首のヨーグルトパックを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

ハチミツと一緒に使うことで、ヨーグルトは外側のケアを、ハチミツが内側のケアをしてくれます。

●ハチミツ+ヨーグルトパック

<用意するもの>
・ハチミツ 大さじ1杯
・プレーンヨーグルト 大さじ2杯
・レモン汁 1滴(なくてもOK)
・コットン 2枚

<方法>
1.プレーンヨーグルトを常温に戻す
2.プレーンヨーグルトとハチミツを容器にいれよくかき混ぜる
3.レモン汁を1滴加える
4.作ったものをコットンにのせて乳首に乗せる
5.5分ほど放置する
6.ぬるま湯でしっかり洗い流す

<ポイント>
・レモン汁はお好みで入れても居れなくてもOK!しかし、ビタミンCが配合されているので美白効果が期待できます。
・5分たったあと、ハチミツヨーグルトをつかいバストやデコルテをマッサージすると、血行促進や保湿につながり、乳首の黒ずみ予防になります。

その2:黒糖

走る、サーフィンといったスポーツをする方、授乳中の方は乳首が刺激を受けている状態が続くのでメラニンの生成と一緒に痛みも起こります。
黒糖には、カルシウムやリン、マグネシウムといったミネラルやビタミンB類がふくまれていて、皮膚や粘膜を保護する効果があり、痛み解消効果が期待できます。

さらに黒糖に含まれている黒糖オリゴには、保湿・抗菌・殺菌作用があり、メラニンを作れと命令する「チロシナーゼ酵素」を抑制する効果もあります。
またハチミツ自体にも上に書いたように殺菌、消炎作用あるので、刺激を受けて痛みを発生してしまった乳首にアプローチしてくれます。

●ハチミツ+黒糖パック

<用意するもの>
・ハチミツ 大さじ2杯
・黒糖 大さじ1

<方法>
1.容器にハチミツと黒糖をいれて砂糖の粒がなくなるまでしっかり混ぜる
2.1で作ったもの指でとり乳首に乗せる
3.5分放置する
4.放置したらぬるま湯でしっかり洗い流す

<ポイント>
・黒糖は塊のものではなく、粒子が細かいものを選んでください。
・洗い流すまえに、1で作ったものを使って乳首以外の場所(デコルテ)当たりまでマッサージすることで血行促進に繋がります。
・洗い流すときべたべたするので、ボディソープを使った方がいいでしょう。

ハチミツパックのメリットやデメリットは?

ハチミツパックのメリットやデメリットって気になりませんか?
メリットやデメリットをしっかりと確認してハチミツパックを実践するときの判断にして下さい。

●メリット

・コストがかからない
・お手入れが簡単
・肌にやさしい
・自分の好きなタイミングで出来る
・人に見られずケアが出来る

まず、病院で薬を処方してもらったり、レーザー、ケミカルピーリングまた、専用のケアクリーム商品を買うよりもはるかに費用は抑えれられます。
さらに、普段から口にしているものなので、肌に優しく肌トラブルを心配する必要もありませんし、いつでもハチミツさえあれば簡単に出来る黒ずみケアです。

病院へ行って乳首を見せるのに抵抗がある、さらに手入れしていることを秘密にしたいという方は、自宅で簡単に出来るのもメリットかと思います。

一番のメリットは「肌に優しい」ということかなと思います。

●デメリット

・効果が出るまでにかなり時間がかかる

ハチミツパックの最大のデメリットは、民間療法なので効果が出るまでにかなりの時間がかかります。
最低でも効果を感じられるまでに毎日欠かさずパックを行っても半年~1年はかかると思っておいて下さい。
しかし、肌にとっては低刺激で安心安全な方法になります。

→安心安全にできますが、やはり効果を実感できるのにかなりの時間を要するので諦めてしまう人が多いのは事実です。
しかし、このハチミツパックは妊娠・授乳中のかたの肌荒れケアやいつもケア商品を使うと肌が荒れてしまうという方は実践している方法です。

ハチミツパックを使用するときの注意点

注意点

では最後はハチミツパックを使用するときの注意点ですが、ハチミツのアレルギーを持っている方は使用を控えましょう。

肌に塗ると、アレルギー反応を起こして肌が炎症を起こす原因になります。
さらに、ハチミツだけではなくヨーグルト(乳酸菌)や黒糖でアレルギーを持っているかたも使用には十分注意して下さい。

どうしても試して見たい!という場合は必ずパッチテストを行ってください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は乳首の黒ずみ解消にハチミツが効果があるのかという記事を書いてきました。

結論からいうと「少なからず効果はあるが、効果を実感するのにかなり時間がかかる」ということです。
しかし、ハチミツでの黒ずみ解消法はかなり肌にとっても安全な方法で、肌トラブルめったに起こることはありません!

時間が掛かっても低刺激で解消していきたい!という方におすすめの方法なので、ぜひ実践してみて下さい。